元カレとこんなことになるなんて ネタバレ 7巻 堅白同異の弁 」.">

花は折りたし梢は高し 類語

公開日: 31.08.2021

白駒の隙を過ぐるが若し (はっくのげきをすぐるがごとし)  時の過ぎ去るのが早いこと。白い馬が壁の細い隙間を一瞬のうちに過ぎ去ることから言う。『荘子・知北遊』の老子と荘子の問答における老子のことばで、「人の天地の間に生くるは、白駒の 郤 ( げき ) を過ぐるが 若 ( ごと ) く、 忽然 ( こつぜん ) たるのみ」とあるのによる。 同意語: 「隙駒」、「隙行く駒」、「白駒」、「白駒の隙を過ぐ」 類語: 「 光陰矢の如し 」、「 歳月人を待たず 」. 白玉楼中の人となる (はくぎょくろうちゅうのひととなる)  文人が死ぬことのたとえ。唐の詩人 李賀 ( りが ) が臨終のときに、赤い衣を着た天帝の使いが来て「天帝が白玉楼を造り、あなたを召してその記を書かせることになった」と告げたという、『唐詩紀事・李賀』に見える故事から言う。「白玉楼」は、文人が死後に行くという天上の楼閣のこと。 同意語: 「白玉楼中の人と化す」.

波乱万丈 (はらんばんじょう)  波が非常に高いように物事の変化が起伏に富んではげしいことのたとえ。. 箸より重い物を持ったことがない (はしよりおもいものをもったことがない)  富有な家に生まれて、大切に育てられたこと。また、力仕事などの労働の経験がないこと。 同意語: 「重い物は箸と茶碗」.

始めが大事 (はじめがだいじ)  物事は最初が肝心であるということ。最初にとった態度や方法が後々まで影響を及ぼすことから、物事はよく準備してかからなければならないという教え。 類語: 「始めが半分」、「始めに二度なし」、「始めよければ終わりよし」、「始めよければ半ば勝ち」. 白眉 (はくび)  多くのものの中で最も優れたもの。 蜀 ( しょく ) の馬氏の五人兄弟はいずれも秀才の誉れが高く、中でも長兄の 馬良 ( ばりょう ) が最も優れていたが、その眉に白い毛が交じっていたので、「白眉」と称されたという。『三国志・蜀志・馬良伝』に見える故事に基づく。 同意語: 「馬良白眉」.

墓に布団は着せられぬ (はかにふとんはきせられぬ)  親が死んでから孝行をしようと思っても手後れである。 同意語: 「 石に布団は着せられず 」 類語: 「 孝行をしたい時分に親はなし 」、「 風樹の嘆 」.

腹が減っては戦ができぬ (はらがへってはいくさができぬ)  腹が減っていては何をやってもいい仕事はできないということ。仕事にかかる前にはエネルギーの補給が必要だという教え。. 莫逆の友 (ばくぎゃくのとも)  心の通い合った親しい友人のこと。「莫逆」は逆らうこと 莫 ( な ) しの意。『荘子・太宗師』に「四人相 視 ( み ) て笑い、心に逆らうこと 莫 ( な ) く 遂 ( つい ) に相 与 ( とも ) に友と 為 ( な ) る」とあるのによる。 同意語: 「莫逆の契り」、「莫逆の交わり」 類語: 「 心腹の友 」. 博覧強記 (はくらんきょうき)  広く書物を読み、それらを非常によく記憶していること。知識が豊富なこと。.
  • 八面六臂 (はちめんろっぴ)  多方面にめざましい手腕を発揮して、独りで数人分の働きをすること。「臂」は肘。八つの顔と六つの腕をもつ意で、仏像にかたどる。 同意語: 「三面六臂」.
  • 謀は密なるを貴ぶ (はかりごとはみつなるをたっとぶ)  計略は秘密にして進めるのが何よりも大事だということ。漏れれば成功がおぼつかなくなる。 同意語: 「 謀 ( はかりごと ) は密なるを良しとす」.

「花」を含むことわざ

腹も身のうち (はらもみのうち)  腹も体の一部であるから、暴飲暴食は慎まねばならないということ。 同意語: 「腹も身のうち食傷も病のうち」、「腹も他人でない」. Previous ライジングシコースキー 「怨嗟」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!.

抜本塞源 (ばっぽんそくげん)  一番のもととなる原因を抜き去ること。害を防ぐため、根本にさかのぼって物事を処理すること。. 薄志弱行 (はくしじゃっこう)  意志が弱く行動力に乏しいこと。物事を断行する力に欠けること。. 拍手喝采 (はくしゅかっさい) 赤井秀一 ジョディ 名言. 半面の識 (はんめんのしき)  ほんのちょっとした知り合いのこと。後漢時代の人 応奉 ( おうほう ) は、二十歳のとき、戸の間から顔を半分だけ出していた人を見かけただけだったのに、数十年後に道で会ったときその人を覚えていて声をかけた。.

花は折りたし梢は高し の前後の言葉

国語 言葉の意味. 肺肝を摧く (はいかんをくだく)  心を尽くしてさまざまに思いめぐらすこと。 杜甫 ( とほ ) の詩「垂老別」に「 蓬室 ( ほうしつ ) の居を棄絶して、 搨然 ( とうぜん ) として肺肝を摧く」とあるのによる。「肺肝」は肺臓と肝臓。これらの臓器は、この場合、思いの宿る場所としての心の意。 同意語: 「 肝胆を砕く 」. 這っても黒豆 (はってもくろまめ)  自明の道理を自明と認めず、どこまでも自説を曲げずに強情を張ること。黒いものを見て、二人で「虫だ」「黒豆だ」と言い争っていたところ、それが這い出したが、それでも一方は「黒豆だ」と言い張ったという話から。 類語: 「 鹿を指して馬となす 」、「 石に 漱 ( くちすす ) ぎ流れに枕す 」.

及ばぬ鯉の滝登り とは、 どんなに努力しても願いが叶わないこと という意味です。高嶺の花は手にしたいものが得られないという結果のみに言及しています。しかし、こちらは努力したものの手に入らなかったという過程にもフォーカスを当てたニュアンスとなっていることが違う点ですね。鯉は激流に逆らいながら泳ぐことができる魚ですが、そんな鯉が果敢に挑もうとも滝を登ることはできないという意味から転じています。.

Navigation menu

花より団子 (はなよりだんご)  風流よりは実利、外観よりは実質を重んじるということ。桜花の美しさを鑑賞するよりは団子を食べて腹の足しにした方がよいの意で言うが、花見と称して飲み食いにだけ興じることへの皮肉ともする。 類語: 「 一中節 ( いっちゅうぶし ) より鰹節」、「 花の下より鼻の下 」、「 見栄張るより頬張れ 」、「思し召しより米の飯」、「 詩を作るより田を作れ 」、「 色気より食い気 」、「念仏申すより田を作れ」.

馬革に屍を裹む (ばかくにしかばねをつつむ)  戦場で討ち死にすること。中国では昔、戦死した者の死体を馬の皮に包んで送り返したことから。. 花の下より鼻の下 (はなのしたよりはなのした)  風流よりは毎日の生活の方が大切であるということ。「鼻の下」は口の意。美しい花の下で風流を楽しむよりは、口を 糊 最俺 マイクラ ニコニコ のり ) する毎日の生活の方が先決だとしていう。 類語: 「 花より団子 」.

破天荒 (はてんこう)  今まで誰一人としてできなかったことを初めて成し遂げること。元来は、天荒(荒れ果てた大地)を切り開く意。唐代、 荊州 ( けいしゅう ) からは進士の合格者が一人も出なかったが、大中四年()、 劉蛻 ( りゅうぜい ) が初めて合格の栄誉を勝ち取ったとき、人々はそれを「天荒を破る」と称したという。『北夢瑣言』などに見える故事に基づく。今では、「常識外れであきれた」といった悪い意味合いで使うことが多い。 類語: 「 開闢 ( かいびゃく 将来の夢診断 無料 以来」、「古今 未曾有 ( みぞう ) 」、「前古 未曾有 ( みぞう ) 」、「前人未到」、「 前代未聞 」. 半面の識 (はんめんのしき)  ほんのちょっとした知り合いのこと。後漢時代の人 応奉 ( おうほう ) は、二十歳のとき、戸の間から顔を半分だけ出していた人を見かけただけだったのに、数十年後に道で会ったときその人を覚えていて声をかけた。.

花は折りたし梢は高し のカテゴリ情報

伯仲の間 (はくちゅうのかん)  優劣がつけがたいことのたとえ。「伯」は兄、「仲」は弟の意で、どちらを兄と呼びどちらを弟と呼んでいいのか分からないことから言う。 同意語: 「 兄 ( けい 3drpg たり難く 弟 ( てい ) たり難し 」. 掃き溜めに鶴 (はきだめにつる)  つまらないものの中に一際優れたものが交じっていること。 同意語: 「ごみ溜めに鶴」、「掃き溜めに鶴が降りたよう」 類語: 「 鶏群 ( けいぐん ) の 一鶴 ( いっかく ) 」、「珠玉の 瓦礫 ( がれき ) に在るが 如 ( ごと 東京喰種 絵 し」.

這えば立て立てば歩めの親心 (はえばたてたてばあゆめのおやごころ)  我が子の成長を待ち望む親心を言う。子供がはうようになると立つことを願い、立てば立ったで歩くことを待ち望む意から言う。 同意語: 「這えば立て立てば歩め」. 二十後家は立つが三十後家は立たぬ (はたちごけはたつがさんじゅうごけはたたぬ)  結婚して間もなく夫に死別された寡婦は、まだ夫婦生活の喜びを知らないので独り身を通すことができるが、長く夫婦生活を味わった寡婦は再婚することが多いということ。「立つ」は、傷つけられずに保たれるの意。 同意語: 「十八後家は立つが四十後家は立たぬ」.

Next Article Web.

同様の出版物:

ディスカッション:コメント 3

  1. Chiharu:

    破竹の勢い (はちくのいきおい)  止めようとしても止められない、激しい勢い。特に、勢い盛んに敵を打ち砕くことに言う。竹は一端に割れ目を入れると、とどまることなく割れていくことから言う。『晋書・杜預伝』『北史・周高祖紀』などに見える。. 腹が減っては戦ができぬ (はらがへってはいくさができぬ)  腹が減っていては何をやってもいい仕事はできないということ。仕事にかかる前にはエネルギーの補給が必要だという教え。.

    答える
  2. Genki:

    歯滅びて舌存す (はほろびてしたそんす)  剛強なものが先に滅び、柔弱なものが後まで生き残るということ。堅い歯は抜け落ちても、柔らかい舌は後まで残ることから言う。老子が友人の 常樅 ( じょうしょう ) の病気を見舞ったところ、歯はすっかり抜け落ちていたが、舌は残っていた。これを見て老子が「それ舌の存するや、 豈 ( あに ) その柔なるを 以 ( もっ ) てするにあらずや。歯の 亡 ( ほろ ) ぶるや豈その剛なるを以てするにあらずや」と言ったという故事による。『説苑・敬慎』に見える。 同意語: 「歯 堕 ( お ) ちて舌存す」 類語: 「 柔能く剛を制す 」.

    答える
  3. Sin'ichi:

    桜木建二 ここまで伊勢に説明してもらったが理解できたか?ここでは俺の補足説明をしよう。 先ほど伊勢が誤用について触れたが、高嶺の花には別の正しい表記方法もある。高根の花と書く表記で、新聞などのマスコミではこれを使うのが一般的だ。嶺が高い山の頂を指すのに、地にある根という漢字を当てるのは誤っている気がするものもいるだろう。実は「根」と「嶺」は本来 同じ語源 だ。実際に谷と谷に挟まれた山地で一番高いところを「尾根」なんて呼ぶだろ?マスコミの漢字表記は常用漢字を用いるために、嶺ではなく根という漢字を使うそうだ。 再びバトンを伊勢に渡して類義語や対義語の解説をしてもらおう。. 灰を飲み胃を洗う (はいをのみいをあらう)  灰を飲んで胃の中の汚れを洗い清める。心を改めて善人になることのたとえ。.

    答える

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。