ホワイトベース隊 倒す 一日千秋の思い (いちじつせんしゅうのおもい) 待ち焦がれて、一日が千年もの長さに感じられること。 一匹の馬が狂えば千匹の馬も狂う (いっぴきのうまがくるえばせんびきのうまもくるう) 一人の行いが、他の人をも駆り立ててしまうたとえ。群集が付和雷同しやすいことのたとえ。群れの中の一匹の馬が異常な行動をして騒ぎ出せば、群れ全体が巻き込まれて騒ぎ出すという意から。 「千」を含むことわざを全て見る.">

一髪千鈞を引く

公開日: 17.09.2021

らんしょうほうしゅう 鸞翔鳳集 卓越した才能を持った人が集結すること。 「鸞」と「鳳」は伝説の霊鳥の鸞鳥と鳳凰のことで、賢者や英雄などの喩え。 へきけつたんしん 碧血丹心 極めて強い忠誠心。 周の国の萇弘ちょうこうは、主君である敬王に諫言したことが原因で追放され、郷里の蜀しょくに戻ったの みゃくらくつうてつ 脈絡通徹 始めから終わりまで筋道が一貫していること。矛盾がないこと。 「脈絡」は、道筋、続き具合。 「通徹」は、貫き通っている

一髪千鈞とは 目の描き方 リアル 一本の髪の毛で千鈞もの重さのものを引くという意味。 「一髪、千鈞を引く」の略。 別表記:「 千鈞一髪 せんきんいっぱつ 」 四字熟語 一髪千鈞 読み いっぱつせんきん 出典 韓愈『孟尚書与-書』 類義語 一触即発 剣抜弩張 危機一髪 危猶累卵 一縷千鈞 使用漢字 一 、 千 、 鈞 、 髪.

芸術コンビ 小説 剣抜弩張 危機一髪 危猶累卵 一縷千鈞. 一髪、千鈞を引く (いっぱつ、せんきんをひく) 千鈞の重み (せんきんのおもみ) 非常に重いこと。または、非常に価値があること。 「鈞」は重さを表す単位。 「鈞」を含むことわざを全て見る. しんさんきぼう 神算鬼謀 人間が考えたとは思えないような優れた計略。 「神算」と「鬼謀」は、神や鬼が考えたかのような、人智が及ばないほどに優れ 一髪、二化粧、三衣装 (いちかみ、にけしょう、さんいしょう) 女性を美しく見せるのは、第一は髪かたちの美しさ、二番目は化粧、三番目が衣装だということ。 後ろ髪を引かれる (うしろがみをひかれる) まるで後ろ髪を引っ張られるような未練にとらわれ、心が残って思い切れないようす。 女の髪の毛には大象も繋がる (おんなのかみのけにはたいぞうもつながる) 女の魅力には、男の心を引きつける強い力があるというたとえ。女の髪の毛で足を繋がれて動けなくなった大きな象を、煩悩にとらわれて悟れない人にたとえた仏教の経典から。 女は衣装髪かたち (おんなはいしょうかみかたち) 女は着る物と髪かたちによって見違えるほど美しくなれる。女にとって着る物と髪かたちはとても大切なものだということ。 髪の毛を逆立てる (かみのけをさかだてる) はげしく怒るさま。 髪結いの亭主 (かみゆいのていしゅ) 妻の稼ぎで養われている男のたとえ。 髪結いの女房をもつと、その稼ぎで、働かずに遊んで暮らせる意から。 「髪」を含むことわざを全て見る.

運営サイト 漢字辞典 四字熟語辞典 故事・ことわざ辞典 国語辞典 対義語・反対語辞典 地名辞典 数え方辞典 漢字検定WEB問題集 漢字検定WEB問題集. たじたなん 多事多難 事件や困難が多く苦労が絶えないこと。 「多事」は事件や災害などが多く世間が騒がしいこと。 「多難」は災難や困難が多い

com .

Ads by Google. com 日本.

一髪千鈞を引く(いっぱつせんきんをひく)

かんぎゅうじゅうとう 汗牛充棟 所有している本が非常に多いこと。 「牛に汗し棟に充つ」と訓読する。 えんすいきんか 遠水近火 遠い所にあるものは急場の役には立たないということ。 「遠水は近火を救わず」を略した言葉。 にろくじちゅう 二六時中 いつも。一日中。一昼夜。終日という意味。 昔は一日を昼と夜の二つに分けて、さらに昼と夜をそれぞれ六つに区切り十二刻で 夢占い 合宿 お風呂 万里同風 遥かに遠い地の果てまでも同じ風が吹くという意味。 天下が統一されて、都から遠く離れた地方まで文化が同一のものになるこ しんさんきぼう 神算鬼謀 人間が考えたとは思えないような優れた計略。 「神算」と「鬼謀」は、神や鬼が考えたかのような、人智が及ばないほどに優れ せいかたんでん 臍下丹田 ヘソのすぐ下あたり丹田と呼ばれるツボのこと。「下丹田」とも呼ばれる。 漢方医学では、ここに意識を集中して力を集めれば 検索メニュー 五十音検索 漢字検索.

みゃくらくつうてつ 脈絡通徹 始めから終わりまで筋道が一貫していること。矛盾がないこと。 「脈絡」は、道筋、続き具合。 「通徹」は、貫き通っている けんがいろくば 懸崖勒馬 間一髪で危険を回避すること。危険に気づいて引き返すこと。 また特に、情欲に溺れてたとき、急に我に返ること。 「懸崖」

一髪千鈞(いっぱつせんきん)の例文

運営サイト 漢字辞典 四字熟語辞典 故事・ことわざ辞典 国語辞典 対義語・反対語辞典 地名辞典 数え方辞典 漢字検定WEB問題集 漢字検定WEB問題集. いっぱつせんきん 一髪千鈞. しざんけつが 屍山血河 死体が山のように重なり、多くの血が川のように流れること。転じて激しい戦闘の喩え。または、その後の惨状のこと。 ひきゅうのせつ 匪躬之節 自分の利害を省みないで、主君や国家のために忠節を尽くすこと。 さていゆうけつ 左提右挈 左右の手で携えること。 互いに提携して援助し合うこと。 同義語:「左提右携さていゆうけい」 とうえんけつぎ 桃園結義 中国の後漢時代末期を舞台にした小説『三国志演義』の冒頭のエピソード。 張飛の家の庭にある桃園で「劉備(りゅうび)」「 ばんりどうふう 万里同風 遥かに遠い地の果てまでも同じ風が吹くという意味。 天下が統一されて、都から遠く離れた地方まで文化が同一のものになるこ

関連語をあわせて調べる

一髪、二化粧、三衣装 (いちかみ、にけしょう、さんいしょう) 女性を美しく見せるのは、第一は髪かたちの美しさ、二番目は化粧、三番目が衣装だということ。 後ろ髪を引かれる (うしろがみをひかれる) まるで後ろ髪を引っ張られるような未練にとらわれ、心が残って思い切れないようす。 女の髪の毛には大象も繋がる (おんなのかみのけにはたいぞうもつながる) 女の魅力には、男の心を引きつける強い力があるというたとえ。女の髪の毛で足を繋がれて動けなくなった大きな象を、煩悩にとらわれて悟れない人にたとえた仏教の経典から。 女は衣装髪かたち (おんなはいしょうかみかたち) 女は着る物と髪かたちによって見違えるほど美しくなれる。女にとって着る物と髪かたちはとても大切なものだということ。 髪の毛を逆立てる (かみのけをさかだてる) はげしく怒るさま。 髪結いの亭主 (かみゆいのていしゅ) 妻の稼ぎで養われている男のたとえ。 髪結いの女房をもつと、その稼ぎで、働かずに遊んで暮らせる意から。 「髪」を含むことわざを全て見る.

ぞくしゅうふんぷん 俗臭芬芬 下品で低俗なこと。 金銭欲や名誉欲が強く、それを隠そうともしないこと。 「俗臭」は、低俗で卑しいこと。 「芬芬」は、 らんしょうほうしゅう 鸞翔鳳集 卓越した才能を持った人が集結すること。 「鸞」と「鳳」は伝説の霊鳥の鸞鳥と鳳凰のことで、賢者や英雄などの喩え。 へきけつたんしん 碧血丹心 極めて強い忠誠心。 周の国の萇弘ちょうこうは、主君である敬王に諫言したことが原因で追放され、郷里の蜀しょくに戻ったの

  • 一髪、二化粧、三衣装 (いちかみ、にけしょう、さんいしょう) 女性を美しく見せるのは、第一は髪かたちの美しさ、二番目は化粧、三番目が衣装だということ。 後ろ髪を引かれる (うしろがみをひかれる) まるで後ろ髪を引っ張られるような未練にとらわれ、心が残って思い切れないようす。 女の髪の毛には大象も繋がる (おんなのかみのけにはたいぞうもつながる) 女の魅力には、男の心を引きつける強い力があるというたとえ。女の髪の毛で足を繋がれて動けなくなった大きな象を、煩悩にとらわれて悟れない人にたとえた仏教の経典から。 女は衣装髪かたち (おんなはいしょうかみかたち) 女は着る物と髪かたちによって見違えるほど美しくなれる。女にとって着る物と髪かたちはとても大切なものだということ。 髪の毛を逆立てる (かみのけをさかだてる) はげしく怒るさま。 髪結いの亭主 (かみゆいのていしゅ) 妻の稼ぎで養われている男のたとえ。 髪結いの女房をもつと、その稼ぎで、働かずに遊んで暮らせる意から。 「髪」を含むことわざを全て見る.
  • 悪事、千里を走る (あくじ、せんりをはしる) 悪い行いは、たちまち世間に広まるというたとえ。「悪事、千里を行く」ともいう。 朝起き千両、夜起き百両 (あさおきせんりょう、よおきひゃくりょう) 朝早く起きて仕事をするほうが、夜働くより能率が上がり得だということ。 「朝起き千両」とも。 値千金 (あたいせんきん) 非常に高い価値のあること。 あの世の千日、この世の一日 (あのよのせんにち、このよのいちにち) あの世の極楽で千日暮らすより、この世で一日でも楽しむほうがよいということ。 一日千秋の思い (いちじつせんしゅうのおもい) 待ち焦がれて、一日が千年もの長さに感じられること。 一匹の馬が狂えば千匹の馬も狂う (いっぴきのうまがくるえばせんびきのうまもくるう) 一人の行いが、他の人をも駆り立ててしまうたとえ。群集が付和雷同しやすいことのたとえ。群れの中の一匹の馬が異常な行動をして騒ぎ出せば、群れ全体が巻き込まれて騒ぎ出すという意から。 「千」を含むことわざを全て見る.
  • ばんりどうふう 万里同風 遥かに遠い地の果てまでも同じ風が吹くという意味。 天下が統一されて、都から遠く離れた地方まで文化が同一のものになるこ
  • 一髪、二化粧、三衣装 (いちかみ、にけしょう、さんいしょう) 女性を美しく見せるのは、第一は髪かたちの美しさ、二番目は化粧、三番目が衣装だということ。 後ろ髪を引かれる (うしろがみをひかれる) まるで後ろ髪を引っ張られるような未練にとらわれ、心が残って思い切れないようす。 女の髪の毛には大象も繋がる (おんなのかみのけにはたいぞうもつながる) 女の魅力には、男の心を引きつける強い力があるというたとえ。女の髪の毛で足を繋がれて動けなくなった大きな象を、煩悩にとらわれて悟れない人にたとえた仏教の経典から。 女は衣装髪かたち (おんなはいしょうかみかたち) 女は着る物と髪かたちによって見違えるほど美しくなれる。女にとって着る物と髪かたちはとても大切なものだということ。 髪の毛を逆立てる (かみのけをさかだてる) はげしく怒るさま。 髪結いの亭主 (かみゆいのていしゅ) 妻の稼ぎで養われている男のたとえ。 髪結いの女房をもつと、その稼ぎで、働かずに遊んで暮らせる意から。 「髪」を含むことわざを全て見る.

WEB WEB. WEB WEB.

一髪千鈞を引く のカテゴリ情報

こうちゅうひつばつ 口誅筆伐 イルミナティ 有名人 さんこうやそく 山肴野蔌 山野で採れる野菜や肉など。山の幸、野の幸。 ぜぜひひ 是是非非 客観的に、また公平に物事を判断すること。 良いことは良いと認め賛成し、悪いことは悪いと認め反対すること。 けいみょうしゃだつ 軽妙洒脱 会話や文章が洒落て洗練されていること。 「軽妙」は軽やかで洗練されていることを表す。 「洒脱」はあか抜けていて爽やか しょうふうろうげつ 嘯風弄月 風に吹かれて歌を詠み、月を眺めて興じるように、自然の風景を鑑賞し、風流を愛して楽しむこと。 「風に嘯うそぶき月を弄も 検索メニュー 五十音検索 漢字検索.

運営サイト 漢字辞典 四字熟語辞典 故事・ことわざ辞典 国語辞典 対義語・反対語辞典 地名辞典 数え方辞典 漢字検定WEB問題集 漢字検定WEB問題集.

同様の出版物:

ディスカッション:コメント 0

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。